スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市役所 帝冠様式の本庁舎「国重文」目指し調査着手(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は15日、市役所本庁舎の国の重要文化財指定を目指し、調査を開始したことを明らかにした。同市長は「正庁でダンスパーティーをしたり、屋上を屋台村にして手羽先でも販売したらいい」と述べ市民に開放する考えを示した。

 1933年建設の本庁舎は、鉄筋コンクリートの現代建築に瓦屋根をかぶせた帝冠様式。高さ53メートルの中央塔の上に2層の屋根があり、頂には名古屋らしく四方にらみのしゃちが乗る。格調高い貴賓室や正庁、大理石の玄関ホールなど見どころが多く、ドラマや映画のロケにも使用されている。

 市は重文指定の審査に向け、建築当初から残る部材や改築状況、建築史上の価値などの学術調査に着手。調査には数年を要する見通しだ。河村市長は「重要文化財の中で仕事するというのはなかなかない。市民のみなさんにも活用してもらいたい」と意気込んでいる。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市議会:河村市長に対抗心、TVの広報番組を要求
名古屋市議会:全職員対象の賞与削減案可決 政令市で初
名古屋市議会:河村市長、恒久減税3度目の提案
名古屋市議会:主要4会派 予算編成の透明化求め条例案
名古屋市議会:市長のPR力に対抗? パネルお目見え

祇園祭 山鉾の胴懸 平山氏の作品「らくだ行」基に制作(毎日新聞)
<防災白書>ボランティアの重要性強調(毎日新聞)
介護者の半数「体に不調」(医療介護CBニュース)
介護疲れで無理心中=84歳の母死亡、長男逮捕―兵庫・加古川(時事通信)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

まつざわきみお

Author:まつざわきみお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。