スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<患者骨折>カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で患者6人の肋骨(ろっこつ)が折られた事件で、傷害容疑で逮捕された元看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)は、ダミーだった病院の防犯カメラに本物が増設されて以降、患者に危害を加えていないことが病院などへの取材で分かった。病院は「看護師らはカメラがダミーだとは知らなかった」としているが、県警佐用署は、羽室容疑者が病院の防犯体制強化を知って暴行を控えたとみている。

 病院などによると、ダミーカメラは連続骨折が起きる以前から病棟の廊下などに設置されていた。病院は08年12月に1人目の患者の骨折を確認。以降も相次ぎ、09年1月19日には2人の骨折を確認したことから、同28日から順次、廊下や重症患者の病室に計12台の本物のカメラを設置した。また、佐用署も病院からの相談を受け、同27日に捜査を本格化。19日以降は新たな骨折者はなかった。

 羽室容疑者は調べに対し、「患者が感謝の気持ちを示してくれない」などと供述しているという。【山川淳平】

【関連ニュース】
<事件の一報>:寝たきり患者6人、肋骨を骨折--兵庫の病院(2009年03月21日掲載)
<関連記事>兵庫・佐用共立病院の患者骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 「6人ともやった」供述
<関連記事>兵庫・佐用共立病院の患者骨折:「骨折と死亡、因果関係」院長謝罪 全員が肺炎
<関連記事>兵庫・佐用共立病院の患者骨折:元看護師供述と骨の折れ方一致
監視カメラ:高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中

<神奈川独自課税>いすゞ自動車が上告 逆転敗訴不服(毎日新聞)
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)
<メタボ健診>見直し提言 肥満でない人も循環器病に注意(毎日新聞)
5歳餓死「イライラした時殴った」父も虐待認める(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつざわきみお

Author:まつざわきみお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。